コンテンツへスキップ

「真実の種」の組織

運営委員長 岡野 俊昭

慰安婦の真実国民運動 幹事長
新しい歴史教科書をつくる会 副会長

元銚子市長昭和21年(1946年)、千葉県銚子市生まれ。日本体育大学卒。銚子市立中学校の教諭・教頭・校長、日本体操協会強化コーチ、スペイン・バルセロナ日本人学校校長、北米・欧州地区日本人学校長研究協議会会長、銚子市長を務めた。
現在は各地で教育関係の講演活動を務める。校長時代は挨拶・清掃・ランニングによる学校立て直しを4校にて実施、成果をあげる。「真の人間教育を推進する生き方」がモットー。

顧問 加瀬 英明

外交評論家

昭和11年(1936年)、東京都生まれ。慶應大学経済学部、エール大学、コロンビア大学に学ぶ。「ブリタニカ国際大百科事典」初代編集長(株式会社TBSブリタニカ)を経て、現在、評論を執筆。シカゴ大学、ペンシルバニア大学などより安全保障問題の講師として招かれるなど、海外での講演活動も多い。福田赳夫首相の首相特別顧問として、福田・大平・鈴木内閣で園田外相の顧問、中曽根首相の首相特別顧問として訪米。映画『プライド・運命のとき瞬間』製作委員会代表。映画『ムルデカ・17805』製作委員会代表を務めた。また、つくる会教科書の出版社「自由社」の社長も務める。
主著に「総理大臣の通信簿」(日本文芸社)、「天皇家を語る」(たちばな出版)、「私の日本外交危機白書」(学習研究社)、「日本外交の二つの選択」(グラフ社)、「天皇家の戦い」(新潮社)、「なぜ第三次大戦か」(徳間書店)、「個性の時代」(講談社)、「日本の良識をダメにした朝日新聞」(山手書房)、「誰も書かなかった北朝鮮」(サンケイ出版)、「日本人の悲劇」(日本経済出版社)、「新聞批判入門」(浪漫社)など。

顧問 高池 勝彦

弁護士
新しい歴史教科書をつくる会 会長

昭和17年(1942年)生まれ。早稲田大学第一法学部卒、同大学院法学研究科修士課程修了。弁護士登録(東京弁護士会)の後、スタンフォード・ロー・スクール卒。専門は民事法学、労働法。危機管理学界理事、政策研究フォーラム理事。日本労働法学会、日米法学会、日本スウェーデン社会研究所、比較憲法学会、防衛法学会、政教関係を正す会に所属。
共著に『新地球日本史』第一巻(産経新聞ニュースサービス)、『日本国憲法を考える』(学陽書房)、『不動産媒介の裁判例』(有斐閣)など。

顧問 杉田 水脈

衆議院議員

昭和42年生まれ。鳥取大学農学部卒。兵庫県西宮市役所勤務の後、平成24年から衆議院議員。平成26年の落選後は、国際社会での日本の汚名を雪ぐために活動。平成29年10月から再び衆議院議員。著書に『なぜ私は左翼と戦うのか』(青林堂)、『歴史戦はオンナの闘い』(共著)(PHP研究所)、『日本人が誇るべき《日本の近現代史》』(共著)(Knock‐the‐Knowing)、『慰安婦像を世界中に建てる日本人たち』(産経新聞出版)など。

運営委員:藤岡  信勝

新しい歴史教科書をつくる会 副会長

昭和18年(1943年)、北海道生まれ。北海道大学教育学部卒、同大大学院教育学研究科博士課程単位取得。北海道教育大学助教授、東京大学教育学部教授、拓殖大学教授などを経て、現在、拓殖大学客員教授。戦後の歴史教育を根底から見直す「自由主義史観研究会」を組織し、ベストセラー『教科書が教えない歴史』1~4(扶桑社)をまとめる。「新しい歴史教科書をつくる会」の創立に参加。第21回正論大賞受賞。
著書は、『近現代史教育の改革』(明治図書)、『汚辱の近現代史』(徳間書店)、『「自虐史観」の病理』(文藝春秋)、『教科書採択の真相』(PHP新書)、『国難の日本史』(ビジネス社)など。共著に『「ザ・レイプ・オブ・南京」の研究』(祥伝社)、『国民の油断』(PHP研究所)など、編著に『通州事件目撃者の証言』(自由社ブックレット)、『通州事件』(勉誠出版)などがある。

運営委員:松木  國俊(調布『史』の会 代表)

運営委員:藤木  俊一

テキサス親父日本事務局 事務局長

昭和39年生まれ。29年間にわたり音響メーカー社長として海外との取引を行う傍ら、平成19年より米国のトニー・マラーノ氏(テキサス親父)の動画の翻訳を手がけ、日本語字幕付き動画1,000本以上を動画サイトに投稿。平成23年より毎年、トニー氏を日本に招聘し、日本各地での講演会などを主催。自らも平成26年より毎年、複数回、国連へ通い、国連でのロビー活動、国際社会で日本を貶めている国内外の反日勢力へのカウンター活動を行っている。トニー氏の日本での書籍の出版や新聞コラムの翻訳も行い、自らもテレビ・ラジオ・ネット番組などへも出演。国際問題、国連問題に関する講演会等で講義を行っている。

運営委員:桂   和子(正しい歴史を伝える会 代表)

運営委員:野々田 峰寛

慰安婦の真実国民運動 幹事

昭和57年(1982年)生。修士(コンピューターサイエンス) 2007年データベースエンジニアとして大規模データベース開発に従事。2011年よりフリーランスエンジニア。2014年にクパチーノで慰安婦像が設置されるとの報を受け、2005年に経験したシリコンバレーでのインターンシップから縁を感じて慰安婦問題についての学習を始める。後に、多摩地域で慰安婦に謝罪と賠償を求める意見書が11市議会で提出されていることを受けて意見書を見直す活動を開始。これまで、西東京市にて見直しを達成。現在、未だに残っている8自治体の意見書の見直しを求めるため「慰安婦問題の意見書を見直す市民の会」事務局長として活動。

運営委員:高橋  忠邦(生き証人プロジェクト 代表)

事務局長:越後  俊太郎